抗生物質と抗菌薬は一体何が違うのかその定義についてを解説

抗生物質、というのは今現代の医療での薬学治療の一番ベースにあるものです。
実際、病院に行ったら抗生物質を処方しておきますねと言われた人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな抗生物質と抗菌薬についての詳細を解説していきます。

■抗生物質と抗菌薬

厳密な定義として抗生物質抗菌薬とは違うものです。
抗生物質は、自然由来の微生物から作られた化学物質による細菌を破壊するためのものですが、抗菌薬はその抗生物質に人工合成した化学物質を足すことで作られたものです
とは言え、これは医療に関する定義であって医師が実際に患者さんに対して処方する際にはいちいち言葉を使い分けたりしないので抗菌薬のことも抗生物質として処方することがあるんですね。

■抗生剤

あくまで、学術的定義でしかなく実際の医療の現場では抗菌薬のことも抗生物質と呼ぶので一般の人はあまりこの違いを気にしなくていいです。
実際、この2つを総合して抗生薬というような呼び方をすることも多いですからね。
実際、抗生物質と抗菌薬の違いなんて服用する人からすればそれほど重要視するようなことでもありませんし、そもそも抗生物質と抗菌薬は結局のところ大雑把に言えば細菌を殺すためのものというところは同じなので、区別する必要は基本的にはないです。

■使い分けのは医師の判断

抗生物質と抗菌薬の違いは、そこに人工物が混ざっているかどうかでしかないです。
そして、その人工物も選択毒性の一つでありどんな作用をするのかを調整するために入れているものであって、人工物が混ざっているから危険だとかそういうことはありません。
どんな感染症に対して使うのか、という要は種類の問題なのであまり気にする必要はないんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング