© 抗生物質とは?簡単に仕組み・効果・副作用などの情報のまとめ All rights reserved.

笑顔の女医

20188/1

改めて抗生物質とは何なのかをおさらいをしておきましょう

「抗生物質出しておきますね」病院の医師からそのように言われたことがあるという人は多いのではないでしょうか。薬の一種だということはわかるけれどもいまいち何に効くのかわからない抗生物質。

体の中でいったいどのように働くのでしょうか。

抗生物質とは

抗生物質は抗菌薬とも言われ、病気の原因となる細菌を殺したり、その増殖を抑えたりすることができる薬です。よく処方されるものですが、すべての病気に効くわけではなく、最近以外が原因となる病気については効き目を発揮しません。

また、抗生物質は感染症の原因である細菌が体内から完全に排除されるまで使用しなければなりません。途中で使用をやめるなどすると、体内に残っていた細菌によって症状がぶり返してしまう恐れがあるからです。

そして、抗生物質には様々な種類があります。細菌によって効く抗生物質が違うので、原因となる細菌を見極めた上で医師によって処方されます。

市販の抗生物質とは

日本では、基本的に病院で処方箋をもらってからでないと抗生物質は使えません。一般的に市販されている薬は自己判断で使用しても安全なものしか売られていません。

抗生物質は効果は非常に高いのですが、その分副作用などの危険性もあります。医師の処方のもとに使用しないと安全性に不安があるのです。

しかし、クラミジアなどの性病の治療の為にどうしても人に知られずに手に入れたい、または抗生物質を安く手に入れたい場合は通販や個人輸入という形で自分で買うこともできます。

ジェネリック医薬品を格安で手に入れることができるので金額的にはお得です。ただし、空輸をすることになるので時間がある程度かかり、全てが自己責任となりますので副作用についても理解した上で購入、使用しなければなりません。

  • 改めて抗生物質とは何なのかをおさらいをしておきましょう はコメントを受け付けていません。
  • 解説

関連記事

コメントは利用できません。
OKサインを出す女医

20177/26

抗生物質は万能薬ではないので効果がないものもあることを知ろう

抗生物質は、感染症の治療に使われるのですがそもそもどんな病気にでも抗生物質が処方されるのかというとそういうわけではないんですね。 抗生…

細菌

20177/26

抗生物質の選択毒性と細菌の細胞の構造を知ることで効果的に服用できる

抗生物質とは、体内に入りこんだ細菌を破壊することで感染症を治療するという作用を持った医薬品となっています。このことを選択毒性というのですが、…

お腹が痛そうな男性

20177/26

抗生物質の作用に関係する選択毒性とはどんな作用なのか解説

抗生物質は、今現在の医療には欠かせない感染症治療に非常に重要な意義を持つ医薬品です。この抗生物質とはどのような作用で病気を治すのかということ…

解説をする医師

20177/26

抗生物質と抗菌薬は一体何が違うのかその定義についてを解説

抗生物質、というのは今現代の医療での薬学治療の一番ベースにあるものです。実際、病院に行ったら抗生物質を処方しておきますねと言われた人も多いの…

ページ上部へ戻る