抗生物質とはどんな薬なのか仕組みと作用を解説します

抗生物質、という言葉を聞いたことがない人はいないでしょう。
現代医療における薬学治療において、根幹になるものであり多くの人の感染症の際に使われる薬の一つの種類を抗生物質と言います。
抗生物質とはどんな薬なのかということについてを解説していきましょう。

■抗生物質とは何か

抗生物質の詳細を知らない人はいても、抗生物質というものに対して漠然としたイメージがない人はあまりないのではないでしょうか。
そう、抗生物質といえばやっぱり薬のイメージがありますね。
しかし、厳密に言うとこの抗生物質というのはただの薬とは少し違うんですね。
抗生物質、というのは病原菌の微生物を殺す作用を持った薬でその出自は微生物が作った化学物質からできたものを示しているんですね。
抗生物質の中でも最も歴史が古いのが、タイムスリップした医師のドラマでも有名になったペニシリンですね。
現在もなお、様々な病気に効果のある抗生物質として重宝しているペニシリンですが、これは実は青カビという微生物から発見されたものなのです。
カビ、というのは正式には真菌と呼ばれる菌類の一種なのですが微生物である青カビが作り出した化学物質が病原微生物を殺す作用を持っている、ということを発見したお陰で抗生物質というものが出来上がったのです。
そういった自然生物発生由来の化学物質を使った医薬品のことを抗生物質、というわけですね。
しかし、そこに人口合成で作られたものが入ったものになるとこれは抗生物ではなく抗菌薬というふうに呼ばれているんですね。

つまり、抗生物質と抗菌薬というのは実は厳密には定義でわけられた別物の医薬品になっている、ということなんです。

■抗生物質の働き

では、実際にその抗生物質を服用する際には体内でどんな作用が起きているのかということがやはり気になるところではないでしょうか。
抗生物質というのは先程も説明したとおり、微生物がもつ他の最近を殺すための化学物質を用いた医薬品です。
つまり、抗生物質というのは体内で悪さをする病原菌を殺すための薬、という言い方をすることができるわけですね。
先程もあげたペニシリンを例に説明するとペニシリンの中にはβ-ラクタムという薬があり、β-ラクタム薬には最近の細胞のまわりにある細胞壁というものを壊すてしまう作用があるんですね。
そして、細胞壁というものが破壊されると細胞はその形を保持することができずに死滅してしまうんです。
細胞壁というのは、体内に入った細菌や病原菌だけが持っている独特の細胞構造になっていますので人体の細胞には全く影響がないんですね。
こういった概念のことを選択毒性といい、要は特定のものに対してだけ効果のある毒物、というようなものになっているのです。
抗生物質、抗菌薬ともにこの選択毒性によって治療効果があるというふうになっているんですね。
抗生物質はそれ自体が全部の微生物や細胞を破壊するというものでなく、特定の物質だけにという性質があるので治療薬として使うことができる、というわけなのです。

■抗生物質の危険性

基本的に、抗生物質という形で世に出回っている薬はその選択毒性の性質をしっかりと臨床試験などで安全性を確認してから販売され使われています。
なので、抗生物質を飲んでしまったからと言って体の中にある細胞全部を破壊してしまうなんていう危険性はありません。
安全性があり、効果があるものだけが出回っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加